*

口呼吸について

最近、テレビでも話題になっている口呼吸について話したいと思います。

口呼吸は「こうこきゅう」と読みます。

 

字から想像できると思いますが、口で息をする状態をこう呼んでいます。

正常な状態は鼻で吸って、鼻で吐くのがいいのです。

 

ならば、口呼吸をした場合、どういう弊害があるのか?

 

まず自分は口呼吸なのか鼻呼吸なのかを知らないといけません。

常に口を開いた状態であれば、口呼吸です。

または、朝起きた時に口の中が乾燥していたり、

ネバネバしていたりする方は口呼吸が疑われます。

 

口呼吸だと、歯周病に罹りやすいです。

これは歯肉が乾燥した状態であることも原因の一つにあげられます。

また、口臭の原因にもなります。

 

わたしは以前、小学校の学校歯科医をしたことがあるのですが、

表情を見ると口呼吸をしている子はわかりますので、

質問をします。

「風邪をひきやすくないか?」

100%風を引きやすいと答えます。

 

小学生の歯科検診をしていて気づいたことですが、

アトピ性皮膚炎の子は全員が口呼吸でした。

それから、出っ歯の子も全員が口呼吸です。

 

歯並びは皆さん興味があるのではないでしょうか?

歯はどういう位置に並ぶかというと、

舌と唇の力関係で決まるんです。

 

舌は歯を外側へ押します、唇やほっぺたの筋肉は歯を内側へ押します。

そのバランスにより歯の位置は決まります。

 

つまり出っ歯の子は唇や、ほっぺたの筋肉の力が舌の力より弱いと言えます。

ですから通常の位置よりも外へ開いたような位置へ並んでしまうのです。

 

口呼吸の子は唇やほっぺたの筋肉の力が弱いと言えます。

 

アトピーについては原因はわかりません。

原因がわからないということを「アトピー」と言うそうです。

 

でも口呼吸の方は平熱が低いのです。

平熱が低いというのは免疫力も低いのです。

 

このあたりが、アトピーと関連しているのではないかと、

わたしは仮想しています。

excellentbreath3_banner

関連記事

no image

口臭があっても結婚できた方(女性)

こういう相談が読売新聞の発言小町にありました。   30歳の独身女性、男性と付

記事を読む

no image

口臭を気にしない人生で幸せに。

木馬歯科の口臭外来を受診される方はその時は幸せではないんです。 口臭を気にして人生においての行

記事を読む

no image

会話を楽しみたい

口臭をどうにかしたいという人は現状でなにかしらの不満を持っているのです。 人生を楽しみたいので

記事を読む

no image

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

埼玉県 口臭治療をやっている木馬歯科です。   口臭治療を受診をするのはすごく

記事を読む

no image

4月はスタートの季節

もうすぐ春ですね。 進学、就職と新しくスタートする人も大勢いると思います。  

記事を読む

no image

口臭とお付き合い

口臭治療が終わっても、 患者さんとの付き合いは続きます。   なぜなら、

記事を読む

no image

口臭と不登校

今回は5年位前のゴールデンウィーク前の話。 その患者さんは、3月に高校を卒業したばかりで、

記事を読む

no image

出産と口臭

以前このような方がいた。 歯の治療を苦手にしている人は多い。   でも、

記事を読む

no image

口臭治療の目的って?

口臭外来へ来院する方の目的ってわかりますか?   口臭があるから、口臭を無くし

記事を読む

no image

口臭が原因で不登校になることも

もう5年以上前のことだから、話してもいいと思い。 その方が口臭外来を受診したのは5年前で、当時

記事を読む

excellentbreath3_banner
PAGE TOP ↑
FX初心者