*

読売新聞でも 統合失調症(1)中学生で幻聴、自己臭恐怖症に

人気の若手お笑いコンビが15年前に突然、消えた。一人が統合失調症で芸人を廃業。入院と自宅療養、社会復帰を目指してのバイト生活などの日々が続いた。一方、年長の相方はコンビの仕事を失っても、遠くから見守りながら待ち続けた。10年後、ついに二人はコンビを復活させた。

 ハウス加賀谷は東京育ちの一人っ子で、いつもニコニコしていた。親の勧めで中学受験を目指し、小学3年から塾通いをした。本当は友だちと遊びたかった。

 2年後、異変が起きた。塾のノートを真っ黒にした。なぜかページがめくれなくなり、余白に文字を書いていくが、余白がなくなると、また文字の上に書いていたからだ。「僕が発した最初のSOSのサインでした」。親に初めて反抗し、塾も受験もやめた。

 中学2年の夏、自分のことを同級生が「臭い」と言っている声が聞こえた。統合失調症の症状だった幻聴により、「自己臭恐怖症」になった。「当時は幻聴という認識はなく、すべて真実の声と受け止めてしまいました」。自分の臭いがみんなに迷惑をかけていると思い、性格は暗くなった。

 睡眠障害にもなり、眠れない夜は家を出て、駅前の交番をじっと見ていた。「僕を追い詰めている社会から、おまわりさんが助けてくれると思っていました」

上の記事は読売新聞の一病息災というコラムからの転載です。

 

昨年の暮れには朝日新聞が同じような内容で

ハウス加賀谷さんを取り上げていました。

わたしのブログにも載せてあります。

よければ読んでください。

 

ここで注目すべきは

中学2年の夏、自分のことを同級生が「臭い」と言っている声が聞こえた

この幻聴です。

 

こういうのを

「自己臭恐怖症」

と言うんですね。

 

木馬歯科の口臭外来を受診する方の

多くも、似ていると思いました。

 

患者さんが苦しんでいるのなら

その悩みを解決しなくてはいけないです。

本日から、しばらくは読売新聞の

記事について

書いていきたいと思います。

excellentbreath3_banner

関連記事

no image

口臭チェックをどうするか?

お蔭様で口臭外来を受診される方も その結果に満足して帰っていきます。  

記事を読む

no image

ホリエモンも言っている。

歯科医師からの提案「むだ死にしない技術」 昨年の9月に「むだ死にしない技術」という本が

記事を読む

no image

後悔させないために

以前プレジデントという雑誌で こんな特集が組まれました。 リタイヤ前に後悔してい

記事を読む

no image

口臭治療の目的

無臭化するのは当たり前。

記事を読む

no image

小学生の口臭

木馬歯科の口臭外来では原則として 子供の口臭治療はやらないようにしていました。 &nbs

記事を読む

no image

真剣な救いを求めて2

彼はいつ、口臭を意識し始めたかというと 小学校3年生の時だそうだ。  

記事を読む

no image

がん治療を受けられる方へ

日本歯科医師会から「がん治療を受けられる方へ」という大きなポスターを頂いた。 「お口の

記事を読む

no image

口臭があっても結婚できた方(女性)

こういう相談が読売新聞の発言小町にありました。   30歳の独身女性、男性と付

記事を読む

no image

いつでも夢を  84歳のチアリーダーたち。 滝野文恵さん

こないだテレビを何気なく見ていたら、84歳のチアリーダーというのをやっていた。  

記事を読む

no image

あなたは1万人に1人の人です。自信を持ちましょう。

木馬歯科の口臭外来を卒業した人は、幸せです。 なぜならば誰よりもすばらしい口腔ケアの方法を知っ

記事を読む

excellentbreath3_banner

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
FX初心者