*

小学生の口臭

公開日: : 最終更新日:2015/08/06 木馬歯科からのお知らせ

木馬歯科の口臭外来では原則として

子供の口臭治療はやらないようにしていました。

 

なぜなら、師匠の本田先生が診ない方がいいと言っていたからです。

口臭治療の歴史は浅く、未だに試行錯誤している状態です。

 

ですから、年に2回の勉強会をやって新しい治療法や

失敗したケースの情報を共有したりするのです。

 

昔に、本田先生から聞いた話ですが、

口臭治療を受けたという記憶は

子供の心をかなり傷つけるそうです。

 

そして、その小学生が高校生になった時に、

不登校になったということでした。

 

わたしは、最初に小学生の口臭を治療する時、

本田先生に予約の電話が入った段階で受けるべきかどうか、

判断を仰ぎました。

 

もちろん、気にしているのは本人ではなく、

お母さんなのです。

電話をしてくるのも本人ではありません。

 

木馬歯科に口臭治療の予約をする段階で、

子供さんの心は十分傷ついていたので、

受けるように言われました。

 

そのケースは友人と2人でポータブルのテレビゲームを

している時に、お母さんが2人の会話を聞いたことにより

心配になったのです。

 

友人が我が子に向かって、

「息が臭いから、向こうへ行け」

 

この言葉を聞いて、我が子の口臭をなんとかしなくては、

高学年になった時にいじめに遭うかもしれないと、

不安になったのです。

 

通常の口臭対策をアドバイスして

1ヶ月後に来てもらい、

お母さんも納得するくらい無臭化できました。

 

親子共々喜んでもらえました。

 

お子さんは「もう、僕、臭くないんだね」

と喜ばれた時にはこっちも

感動してしまいました。

 

誰でも、どんな口臭の悩みにも対応します。

excellentbreath3_banner

関連記事

no image

ホリエモンも言っている。

歯科医師からの提案「むだ死にしない技術」 昨年の9月に「むだ死にしない技術」という本が

記事を読む

no image

スメハラ???

スメハラって言葉を知っていますか? セクハラじゃないの?パワハラ? このたぐいの

記事を読む

no image

歯科衛生士法(2)

前回、歯科衛生士法を作ったのは アメリカ人であるマッカーサーだと書きました。  

記事を読む

no image

ブラッシングのヒント

木馬歯科では、ブラッシングの指導に力を入れています。 歯の健康が幸せに比例すると考えています。

記事を読む

no image

歯を脅かす受動喫煙、男性の歯周病リスク3倍超に

他人のたばこの煙を吸う受動喫煙をしている男性は、喫煙者と同程度、歯周病になる危険が高まるとする研究結

記事を読む

no image

仕草に過剰反応

木馬歯科の口臭外来を受診する方は、 悩みはもちろん口臭なんです。 しかし口臭は自分で

記事を読む

no image

日本口臭学会の認定医になりました。

ちょっぴり自慢します。   今年の8月に受験した。 日本口臭学会の認定試

記事を読む

no image

読売新聞でも 統合失調症(1)中学生で幻聴、自己臭恐怖症に

人気の若手お笑いコンビが15年前に突然、消えた。一人が統合失調症で芸人を廃業。入院と自宅療養、社会復

記事を読む

no image

舌が臭いんです。

会社で人と話すと、鼻を押さえられます。 気になって、 でも、虫歯はないし、歯周病ではないです

記事を読む

no image

今度の金曜日に口臭についての講演をします。

ポスターを載せます。

記事を読む

excellentbreath3_banner

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
FX初心者