*

お口の健康から全身の健康を考える(2)

公開日: : 最終更新日:2015/09/24 木馬歯科からのお知らせ , ,

歯ブラシで取るものは

食べかすではないのです。

 

患者さんが見た動くものは

細菌である、プラークです。

 

わたしたち歯科医師が患者さんに求めるものは、

食べかすを除去することではなく、

プラークを除去することなのです。

 

これをプラークコントロールと言うのです。

 

ですから、歯ブラシをした、

口の中に、歯ブラシを入れるということではなく、

しっかりとプラークを除去することが健康につながるのです。

 

それには、どういう歯ブラシの動かし方をすれば、

効果的にプラークを除去できるかは

習うのが一番です。

 

木馬歯科でのブラッシング指導では、

患者さんが磨いたつもりでも、

実際にはプラークは落ちていないという

ところから始まります。

 

プラークは歯と同じような色をしていますので、

歯垢染色液で赤く染めます。

 

それをした後に、鏡で見せると

驚きます。

驚かすところから始まるのです。

 

指導を受けない歯ブラシでは、

磨いたつもりでしかありません。

 

つまり、患者さんが歯ブラシをやめるタイミングは

きれいになったと思ったところです。

 

本当に、そこでやめていいのですか?

と、わたしは問いたいのです。

excellentbreath3_banner

関連記事

no image

ブラッシングのヒント

木馬歯科では、ブラッシングの指導に力を入れています。 歯の健康が幸せに比例すると考えています。

記事を読む

no image

春は異動の季節

3月末までに治して欲しい。 こういう要望の患者さんが多い。  

記事を読む

no image

いつでも夢を  84歳のチアリーダーたち。 滝野文恵さん

こないだテレビを何気なく見ていたら、84歳のチアリーダーというのをやっていた。  

記事を読む

no image

在日外国人の約7割が日本人の○○にガッカリ

  表題の○○には 何が入ると思いますか? 本日は健康についての 話をしたいと

記事を読む

no image

一体、ガンに対抗するにはどうしたらいいんだろう?

昨日、北斗晶さんが乳がんを手術したと思ったら、 夜には、速報で川島なお美さんが亡くなった。

記事を読む

no image

久住昌之君と中学の時、同級生だった。

持つべきものは友達だとつくづく思うことがある。 こないだ来院された患者さんは「ギターの好きな歯

記事を読む

no image

新年明けましておめでとうございます。

今年も、口臭で悩む人を一人でも多く悩みから解放してあげたいと思います。   口

記事を読む

no image

朝日新聞から、ハウス加賀谷さんが統合失調症を発症したのと口臭を意識するのは似ている2

ハウス加賀谷さんの続きです。 他人の行動に一喜一憂を始める口臭患者さんですが、 喜びはな

記事を読む

no image

痛くなる前に。

こないだ読んだ資料によれば、日本人は2%、アメリカ70%、イギリス80%、スエーデン90%なんです。

記事を読む

no image

真剣な救いを求めて2

彼はいつ、口臭を意識し始めたかというと 小学校3年生の時だそうだ。  

記事を読む

excellentbreath3_banner

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
FX初心者