*

一体、ガンに対抗するにはどうしたらいいんだろう?

昨日、北斗晶さんが乳がんを手術したと思ったら、

夜には、速報で川島なお美さんが亡くなった。

 

1970年の大阪万博が開催された頃、

21世紀はまだ遠い未来だった。

21世紀には夢があり、

20世紀にはできなかったことが、出来るようになるはずだった。

 

出来なかったことが、出来るようになることは、

幸せなはずだった。

 

20世紀で、出来なかったことの一つに

ガンの克服があった。

 

ところが、どうだ。

1983年には日本人の死亡の原因のトップが

ガンになってしまい、

日本人の3人に1人がガンになるから

2人に1人がガンになるになってしまった。

 

1970年頃にもガンに罹らないようにするには、

正しい食事、適度な運動、

と言われていた。

 

今は、なんて言われてるんだろう。

2人に1人がガンになると言われて、

諦めてるんだろうか?

 

いち、に、いち、に

いちがガンになるのか?

にがガンになるのか?

 

でも、自分だけは罹らない半分のグループだと

思ったりする。

 

早期発見、早期治療というのも、

ここ40年間言われ続けている。

でも、どうだろう?

 

北斗晶さんは毎年乳がん検診を受けていて、

発見された時はステージ2という、

リンパ節に転移がみられ、乳房全摘手術だそうだ。

 

我々の知りたいのは、

真実の対処法だ。

excellentbreath3_banner

関連記事

no image

後悔させないために

以前プレジデントという雑誌で こんな特集が組まれました。 リタイヤ前に後悔してい

記事を読む

no image

口臭があっても結婚できた方(女性)

こういう相談が読売新聞の発言小町にありました。   30歳の独身女性、男性と付

記事を読む

no image

朝日新聞から、ハウス加賀谷さんが統合失調症を発症したのと口臭を意識するのは似ている2

ハウス加賀谷さんの続きです。 他人の行動に一喜一憂を始める口臭患者さんですが、 喜びはな

記事を読む

no image

お口の健康から全身の健康を考える(1)

これは、健康に関心のある方なら常識と言えるのではないでしょうか? でもわかってはいても、具体的

記事を読む

no image

天野篤先生「口は災いの元」

6月の第一週は皆さんご存知のように「むし歯予防週間」です。 週刊新潮にコラムを持っている天野篤

記事を読む

no image

がん治療を受けられる方へ

日本歯科医師会から「がん治療を受けられる方へ」という大きなポスターを頂いた。 「お口の

記事を読む

no image

日本口臭学会の認定医

今年の8月に受けた日本口臭学会の認定医試験に合格して 認定書が送られてきました。

記事を読む

no image

今月も口臭を気にしている方が大勢来院。

新年度になったせいかどうかわかりませんが、 口臭外来は賑わっています。  

記事を読む

no image

歯科衛生士法(2)

前回、歯科衛生士法を作ったのは アメリカ人であるマッカーサーだと書きました。  

記事を読む

no image

舌ケアで口臭を予防できるって本当?

新聞の記事で表題のことが話題となっていました。   木馬歯科の口臭外来を受診し

記事を読む

excellentbreath3_banner

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
FX初心者