*

天野篤先生「口は災いの元」

6月の第一週は皆さんご存知のように「むし歯予防週間」です。

週刊新潮にコラムを持っている天野篤先生が「口は災いの元」と言う題で書いています。

 

内容を短く書くと、口の中の汚れと心臓病は関係が深いということです。

天野先生とは、心臓外科の第一人者です。

現在順天堂医院の院長です、こう言っても誰?

と、思われる方。

 

天皇陛下が何年か前に心臓の手術をしたのを覚えているでしょうか?

天野先生が執刀しています。

少し顔も思い出してきたのでは?

 

口の中はたくさんの細菌が住み着いていて、その数は100億個とも言われています。

歯ブラシを怠ったり、歯周病に罹患しているとさらに増殖します。

それが、歯茎の隙間や、歯ブラシの刺激くらいで出血したりすると、

傷口から血液の中に入り、血流に乗って心臓まで運ばれるのです。

 

天野先生のコラムではこう書いてありました。

確かに、間違っていないし、その通りなのです。

口の汚れで心臓が悪くなる恐ろしいですね。

 

でも、細菌は心臓だけに運ばれるわけではないのです。

肝臓にも、腎臓にも、大腸にも、小腸にも、血管は全ての臓器につながっています。

 

ですから、天野先生が肝臓の専門医だったら、心臓を肝臓と置き換えて文章を書いていたと思います。

 

歯周病って、歯が抜けるだけでは済まないのです。

全身病に関わっているのです。

 

しかしながら、口の中は手の届かない場所ではありません。

今からでも、清潔にしようと思えばいくらでもできるのです。

 

木馬歯科が一番力を入れているのは正しい歯ブラシの仕方を伝えることです。

excellentbreath3_banner

関連記事

no image

小学生の口臭

木馬歯科の口臭外来では原則として 子供の口臭治療はやらないようにしていました。 &nbs

記事を読む

no image

読売新聞でも 統合失調症(1)中学生で幻聴、自己臭恐怖症に

人気の若手お笑いコンビが15年前に突然、消えた。一人が統合失調症で芸人を廃業。入院と自宅療養、社会復

記事を読む

no image

歯科医療が日本を救う

本日、木馬歯科に歯科医師会からポスターをもらいました。   百聞は一見に如かず

記事を読む

no image

ホリエモンも言っている。

歯科医師からの提案「むだ死にしない技術」 昨年の9月に「むだ死にしない技術」という本が

記事を読む

no image

在日外国人の約7割が日本人の○○にガッカリ

  表題の○○には 何が入ると思いますか? 本日は健康についての 話をしたいと

記事を読む

no image

歯を脅かす受動喫煙、男性の歯周病リスク3倍超に

他人のたばこの煙を吸う受動喫煙をしている男性は、喫煙者と同程度、歯周病になる危険が高まるとする研究結

記事を読む

no image

痛くなる前に。

こないだ読んだ資料によれば、日本人は2%、アメリカ70%、イギリス80%、スエーデン90%なんです。

記事を読む

no image

去年までなら、、

この時期はもうすぐ夏休みが終わる。 でも、宿題はやっていない、どうしようと悩んでいました。

記事を読む

no image

暦の上では

二十四節気という季節の移り変わりを示す言い方があります。 8月7日は立秋で、この日からは「残暑

記事を読む

no image

歯科衛生士法(1)

こないだ、歯科の材料屋さんからお中元をいただきました。 そこには社長からの挨拶状も同封されてい

記事を読む

excellentbreath3_banner
excellentbreath3_banner
no image
ペットの歯医者さん。

ペットブームだそうですね。 わたしは小6の時にサッカーをやってい

no image
木馬歯科の口臭外来の特徴

何が、他の口臭治療と違うのか? ずっとお付き合いするというのが、

no image
暦の上では

二十四節気という季節の移り変わりを示す言い方があります。 8月7

no image
5年かかりました。

もうほとんどの学校は8月中に新学期と言っていいのかわからないけれど、授

no image
残暑は厳しいけれど

もう少しの我慢です。 冬になったら、寒くて夏の暑さが恋しくなるん

→もっと見る

PAGE TOP ↑
FX初心者