*

天野篤先生「口は災いの元」

6月の第一週は皆さんご存知のように「むし歯予防週間」です。

週刊新潮にコラムを持っている天野篤先生が「口は災いの元」と言う題で書いています。

 

内容を短く書くと、口の中の汚れと心臓病は関係が深いということです。

天野先生とは、心臓外科の第一人者です。

現在順天堂医院の院長です、こう言っても誰?

と、思われる方。

 

天皇陛下が何年か前に心臓の手術をしたのを覚えているでしょうか?

天野先生が執刀しています。

少し顔も思い出してきたのでは?

 

口の中はたくさんの細菌が住み着いていて、その数は100億個とも言われています。

歯ブラシを怠ったり、歯周病に罹患しているとさらに増殖します。

それが、歯茎の隙間や、歯ブラシの刺激くらいで出血したりすると、

傷口から血液の中に入り、血流に乗って心臓まで運ばれるのです。

 

天野先生のコラムではこう書いてありました。

確かに、間違っていないし、その通りなのです。

口の汚れで心臓が悪くなる恐ろしいですね。

 

でも、細菌は心臓だけに運ばれるわけではないのです。

肝臓にも、腎臓にも、大腸にも、小腸にも、血管は全ての臓器につながっています。

 

ですから、天野先生が肝臓の専門医だったら、心臓を肝臓と置き換えて文章を書いていたと思います。

 

歯周病って、歯が抜けるだけでは済まないのです。

全身病に関わっているのです。

 

しかしながら、口の中は手の届かない場所ではありません。

今からでも、清潔にしようと思えばいくらでもできるのです。

 

木馬歯科が一番力を入れているのは正しい歯ブラシの仕方を伝えることです。

excellentbreath3_banner

関連記事

no image

真剣な救いを求めて2

彼はいつ、口臭を意識し始めたかというと 小学校3年生の時だそうだ。  

記事を読む

no image

春は異動の季節

3月末までに治して欲しい。 こういう要望の患者さんが多い。  

記事を読む

no image

ホリエモンも言っている。

歯科医師からの提案「むだ死にしない技術」 昨年の9月に「むだ死にしない技術」という本が

記事を読む

no image

口臭の悩みで自殺

今回の題はチョット衝撃的ですね。 でも、本当のことです。   あなたの周

記事を読む

no image

お口の健康から全身の健康を考える(1)

これは、健康に関心のある方なら常識と言えるのではないでしょうか? でもわかってはいても、具体的

記事を読む

no image

入社おめでとうございます。

本日はNHKの朝の連続テレビドラマも新番組「ひよっこ」になりました。  

記事を読む

no image

日本口臭学会の認定医

今年の8月に受けた日本口臭学会の認定医試験に合格して 認定書が送られてきました。

記事を読む

no image

朝日新聞から、ハウス加賀谷さんが統合失調症を発症したのと口臭を意識するのは似ている2

ハウス加賀谷さんの続きです。 他人の行動に一喜一憂を始める口臭患者さんですが、 喜びはな

記事を読む

no image

口臭チェックをどうするか?

お蔭様で口臭外来を受診される方も その結果に満足して帰っていきます。  

記事を読む

no image

口臭があっても結婚できた方(女性)

こういう相談が読売新聞の発言小町にありました。   30歳の独身女性、男性と付

記事を読む

excellentbreath3_banner
PAGE TOP ↑
FX初心者