*

子供の口臭

公開日: : 最終更新日:2016/10/03 患者様の声

木馬歯科では原則、子供の口臭は治療していなかった。

なぜならば、師匠の本田先生からやらない方がいいと言われていたからだ。

 

本田先生自身、過去に子供の口臭を治療したことはあるのだが、

その子が、高校生になった時に、不登校からひきこもりになったそうだ。

 

それは小さい頃に、口臭治療をしたことが原因となったそうだ。

口臭はもちろん解決はしたのだが、心の傷となったのが原因だとのこと。

 

わたしは小学校1年生を治療したことがある。

もちろん、申し込んだのは母親である。

本人は全く気にしていないとのこと。

 

本人が気にしていなければ、

治療しなくてもいいと思うのだが、

母親として心配なのだそうだ。

 

その子は、家で遊ぶことが多く、

こないだは友達とテレビゲームをしていたのだそうだ。

 

小さな、PSPと言うの?

友達がその小さなゲームをやっているのを覗きこんでいたのだそうだ。

 

頭と頭の距離が近い、

そして口と鼻の距離も近くなる。

 

その時に、友達が我が子に向かって

「口が臭いから、あっちへ行け」と

言われたのが、お母さんの耳に入ってしまったのだ。

 

これでは、学年が大きくになるに連れて

クラスでいじめられるかもしれないと心配になったのだ。

 

それからは、事あるごとに、

お母さんは、我が子の息を嗅いだのだそうだ。

 

やられる方もたまったものではない。

 

それで、毎回ではないのだそうだが、

臭う時があるということで、

どうにかならないか?

と、連絡してきた。

 

わたしは、すぐに本田先生に電話して相談した。

すると、本田先生は、今回は

治療に応じたほうがいいとのこと。

 

すでに、お母さんが十分子供の心をズタズタにしているので、

解決するしかないだろうとのこと。

 

現在、その子は、口臭の悩みもなく

元気に学校生活を楽しんでいる。

 

治療が終わった時、

本人は「ぼく、もう臭くないんだね」

と涙を浮かべながら喜んだ。

 

今も定期的に通っている。

excellentbreath3_banner

関連記事

no image

口臭治療をしていてのエピソード

もう数年前に来院された患者さんの話です。 口臭って悩むとここまでになるんだと思った症例です。

記事を読む

no image

フランスパンが噛める入れ歯

80歳になるKさんは7本分のブリッジを入れていたけど、 こないだ外れてしまい根の状態も良くなか

記事を読む

no image

口臭治療が終わって

木馬歯科は口臭治療が終わった後のケアも怠りません。 なぜならば、患者さん自身が不安になるからで

記事を読む

no image

真剣な救いを求めて1

口臭を治すって、患者さんにとってどういうことなんだろう?これは、今年の課題いや、永遠の課題になるかも

記事を読む

no image

笑わせた。

なんとか笑顔になってもらいたい。   通院中のRさんは、問診表に精神科に通院中

記事を読む

no image

口臭と行動

口臭を気にしているとどうしても行動が 消極的になってしまいます。   それでいいん

記事を読む

no image

花粉症でもないのにマスクが必需品

そろそろ花粉症の季節となりました。 外出するのに、マスクが欠かせない人もいます。 インフ

記事を読む

no image

口臭が恋愛問題に発展することも

もう5年以上前の話です。 若い女性が都内の大田区の方から来院されました。  

記事を読む

no image

感動する言葉

本日2回目の口臭治療が終わり、無臭になって卒業した患者さん。 とても喜んでくれました。

記事を読む

no image

口臭は遺伝するのか?

埼玉県狭山市で口臭外来をやっている 木馬歯科です。   口臭外来では受診

記事を読む

excellentbreath3_banner
PAGE TOP ↑
FX初心者