*

お口の健康から全身の健康を考える(3)

公開日: : 最終更新日:2015/09/25 木馬歯科からのお知らせ

成人の8割が歯周病に罹患しているという事実。

これは、ここまでブラッシングを続けるべきというゴールが

定まっていないからなのです。

 

100m走であれば、100m走らないと記録が残りません。

それを、ほとんどの方が80m走ったところでやめているのです。

 

歯垢染色液で歯垢を染めると、

いかに歯垢が落ちていないかがわかります。

 

歯ブラシの当て方が違っていることもあれば、

時間が短すぎることもあります。

 

木馬歯科の基準では、

磨き残しが10%未満を合格としています。

ゴールと言ってもいいと思います。

 

1回指導しただけでは、指導とは言えません。

なぜなら、患者さんの現状でしかないからです。

 

指導した後に、患者さんがどのように変わったのかを

確認する必要があるのです。

 

何度も何度も指導を受けて、

ブラッシングは上達していくのです。

 

でも回数を重ねるたびに、

ブラッシングは必ず上達していくのです。

 

歯垢染色液により染色された値は小さいほど、

ブラッシングは上達したことになります。

 

その数値をプラークスコアーと言いますが、

患者さんは数値に興味を持ちますが、

口の中の感覚が変わっていくのも

わかってくるのです。

excellentbreath3_banner

関連記事

no image

日本口臭学会の認定医になりました。

ちょっぴり自慢します。   今年の8月に受験した。 日本口臭学会の認定試

記事を読む

no image

お口の健康から全身の健康を考える(1)

これは、健康に関心のある方なら常識と言えるのではないでしょうか? でもわかってはいても、具体的

記事を読む

no image

歯科医療が日本を救う

本日、木馬歯科に歯科医師会からポスターをもらいました。   百聞は一見に如かず

記事を読む

no image

歯科衛生士法(1)

こないだ、歯科の材料屋さんからお中元をいただきました。 そこには社長からの挨拶状も同封されてい

記事を読む

no image

口臭チェックをどうするか?

お蔭様で口臭外来を受診される方も その結果に満足して帰っていきます。  

記事を読む

no image

真剣な救いを求めて2

彼はいつ、口臭を意識し始めたかというと 小学校3年生の時だそうだ。  

記事を読む

no image

読売新聞でも 統合失調症(1)中学生で幻聴、自己臭恐怖症に

人気の若手お笑いコンビが15年前に突然、消えた。一人が統合失調症で芸人を廃業。入院と自宅療養、社会復

記事を読む

no image

春は異動の季節

3月末までに治して欲しい。 こういう要望の患者さんが多い。  

記事を読む

no image

ブラッシングのヒント

木馬歯科では、ブラッシングの指導に力を入れています。 歯の健康が幸せに比例すると考えています。

記事を読む

no image

朝日新聞から、ハウス加賀谷さんが統合失調症を発症したのと口臭を意識するのは似ている2

ハウス加賀谷さんの続きです。 他人の行動に一喜一憂を始める口臭患者さんですが、 喜びはな

記事を読む

excellentbreath3_banner

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
FX初心者