*

病的な口臭もあります。

先日来院した方は、問診にて話をしていてもわたしがわかるくらい

口臭がありました。

 

わたしと患者さんの距離は40cmくらいです。

患者さんの中には、この近い距離を嫌がって、

私の方を向かずに話をする方もいます。

 

40cmと言うのは親しい者同士の距離といえます。

 

治療終了時にはこの距離でも無臭にならなくてはいけません。

 

皆さんは驚くかもしれませんが、口臭の確認のためには、

わたしは鼻を患者さんの口の中にまで入れて確認したりもします。

 

最初は、すごく驚きます。

多分、初めての経験でしょう。

一般の人で、鼻を口の中に入れる人はいないのです。

 

そうやっても無臭であれば、怖いものはないでしょう。

 

それが可能なのがホンダ式なのです。

 

今回の、相談者は口の中は歯にプラックがたくさん付着していて、

少し歯肉を触っただけで出血をしました。

重度の歯周病です。

 

口臭検査の一つに、唾液の量を測定するのがありますが、

唾液が透明ではなく、赤いのです。

 

原因はわかりますよね、歯肉からの出血です。

 

ですから、今回の取り組みは、歯周病を治すというのがメインになります。

 

本人は、歯科医院へ行くというので、いつもより丁寧にブラッシングしてきた

つもりなのです。

 

プラックを少し取り、プレパラートに乗せて、水を1滴垂らしてカバーガラスをかけます。

そして、それを位相差顕微鏡にてわたしと一緒に観察します。

 

顕微鏡は覗くのではなく、大きな液晶画面に映し出されます。

 

 

沢山の細菌が動くのがわかります。

 

患者さんは不思議そうな顔をしています。

「これはなんだ???」というところでしょう。

 

プラックの説明をして、不十分なブラッシングを指摘します。

通常は2度目の口臭外来の再診は1ヶ月後ですが、

ブラッシング指導にも時間がかかるので、1週間後に

指導の約束をします。

 

はっきり言えば、本当に口臭があるタイプの患者さんの方が取り組みやすいのです。

ブラッシングが上達して、歯周病さえ治れば、口臭の問題も解決するからです。

excellentbreath3_banner

関連記事

no image

お口の健康から全身の健康を考える(1)

これは、健康に関心のある方なら常識と言えるのではないでしょうか? でもわかってはいても、具体的

記事を読む

no image

口の中の乾燥と口臭(2)

口の中が乾燥すると、口臭がすることがあります。   それは唾液の分泌が少ないと

記事を読む

no image

口の中の乾燥と口臭(3)

口が乾燥すると口臭は発生します。   どんな時、口が乾燥するかというと

記事を読む

no image

お口の健康から全身の健康を考える(2)

歯ブラシで取るものは 食べかすではないのです。   患者さんが見た動くも

記事を読む

no image

口の乾燥と口臭(1)

木馬歯科の口臭外来を受診する方はなぜ来院するか?   口臭があるからではないの

記事を読む

no image

後悔させないために

以前プレジデントという雑誌で こんな特集が組まれました。 リタイヤ前に後悔してい

記事を読む

no image

真剣な救いを求めて2

彼はいつ、口臭を意識し始めたかというと 小学校3年生の時だそうだ。  

記事を読む

no image

口の乾燥と口臭(4)

前回は、あしたのジョーのことで脱線してしまいましたが、 言いたいことは、口呼吸とニコチンとター

記事を読む

no image

婚活は婚勝でなくてはいけない。

婚活とは結婚がゴールの活動のことです。   でも結婚はゴールではなくてスタート

記事を読む

no image

お口の健康から全身の健康を考える(3)

成人の8割が歯周病に罹患しているという事実。 これは、ここまでブラッシングを続けるべきというゴ

記事を読む

excellentbreath3_banner

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
FX初心者