*

朝日新聞から、ハウス加賀谷さんが統合失調症を発症したのと口臭を意識するのは似ている

お笑い芸人のハウス加賀谷さん(40)が統合失調症を発症したのは、中学2年の夏休み前だった。

「おい。何をそんなにふてくされた態度をとっているんだ」

教室に入ってきた教師が、加賀谷さんのすぐ後ろの席に座る女子生徒を注意した。

「なんで怒られたのだろう?」。後ろを振り向くと、その生徒は下敷きをうちわ代わりにして、パタパタと顔をあおいでいた。

よくある光景だ。だが、加賀谷さんは「ピンッ」と認識してしまった。「僕がくさいから、あおいでいるんだ」。なぜ、そう認識したのかは分からない。「わー、くさい」「なんだ、このにおい」。後ろからそんな声も聞こえてきた。統合失調症の症状のひとつ、幻聴が起きていた。

 

上のは朝日新聞から「患者を生きる」というお笑い芸人のハウス加賀谷さんの闘病記です。

口臭外来を受診する方と似ていたので掲載しました。

 

日本人の3人に1人は口臭に悩んでいたり、気にしているのです。

加賀谷さんの場合は、夏で暑かったから後ろの女子が下敷きで自分自身を扇ぐという

なんでもない行為が「僕がくさいから、あおいでいるんだ」と捉え、

幻聴まで聞こえてくるようになったということです。

 

口臭外来を受診する方で、口臭を意識するきっかけとなるケースで多いのは

自分と話をする相手はいつも鼻に手を当てた。

これは、自分の息が臭いからだと決めつけてしまうのです。

 

そうすると不安でしょうがないので、接する相手の行動を

いつも凝視するようになります。

 

10分も凝視していれば、相手の手は鼻の近辺にいくことはあるでしょう。

そうすると、がっかりして、

やっぱり自分の口は臭いと断定してしまうのです。

excellentbreath3_banner

関連記事

no image

なぜ、木馬歯科の口臭外来を受診するのか?

なぜ、口臭外来を受診するのか?   それは、口臭があるからでしょ。 &n

記事を読む

no image

日本口臭学会 第6回学術大会に参加します。

7月4日、5日と日本歯科大学新潟生命歯学部にて、 日本口臭学会に参加します。  

記事を読む

no image

笑わせた。

なんとか笑顔になってもらいたい。   通院中のRさんは、問診表に精神科に通院中

記事を読む

no image

木馬歯科の口臭外来を受診する方々。

以前にも書いたことがあるのですが、 木馬歯科の口臭外来を受診する方は口臭がある方ではありません

記事を読む

no image

口臭治療が終わって

木馬歯科は口臭治療が終わった後のケアも怠りません。 なぜならば、患者さん自身が不安になるからで

記事を読む

no image

ギターが好きな歯医者さん

先日来院した患者さんは割りと遠くから来る。 昨年入れ歯を製作した方の息子さんだ。 &nb

記事を読む

no image

子供の叫びに耳を傾けよう。

新年早々から残念なことがありました。 高校受験を控えた女子中学生本人から口臭治療の申込の電話が

記事を読む

no image

真剣な救いを求めて1

口臭を治すって、患者さんにとってどういうことなんだろう?これは、今年の課題いや、永遠の課題になるかも

記事を読む

no image

大学病院の口臭外来から

イオン武蔵狭山店の中にある木馬歯科です。 うちへは、有名大学病院の口臭外来から転医して来る患者

記事を読む

no image

読売新聞の最近の記事から

これは、最近の読売新聞の記事を集めたものです。   どうですか、日本人

記事を読む

excellentbreath3_banner

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
FX初心者